株式会社を設立するには

会社法が新しくなってから、一部の業種を除いて資本金の設定が廃止されましたので、事実上1円の資本金でも株式会社を設立できるようになりました。
旧会社法では株式会社を設立するために最低でも1,000万円の資本金が必要でしたから、これまでもよりも自由に会社設立できるようになったため、事業をはじめる人が増えているそうです。
それでは株式会社を設立するにはどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?

まずはじめに会社名や会社の所在地、事業内容などの基本事項を決めたら、資本金の設定や会社の組織図となる機関設計を決め、それらを定款にまとめます。
定款の作成は紙でやる場合と電子定款でやる場合の2種類がありますが、紙の定款は印紙代40,000円が必要になります。
一方電子定款の場合は無料になりますが、専用のソフトを使わなければなりませんし、それを扱うための専門的な知識も必要になりますので、専門家へ依頼するのが一般的です。

定款の作成が終わったら公証役場で認証手続きをしますが、この際にも認証手数料50,000円がかかります。
ほかにも発起人の印鑑証明書などが必要になりますので、必要なものを確認して手続きをしてください。
定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、登記申請を行います。
登記申請の際にも登記申請書類や登録免許税150,000円などが必要になりますので、忘れずに持参して手続きをしましょう。

登記申請が無事通ったら晴れて法人として認められますから、そこからは会社として必要な手続きを進めていきます。
税務署や市町村役場への届出を行ったり、インターネット回線の契約や工事、さらにオフィスを借りる場合は賃貸契約など必要に応じてやるべきことをこなしていきましょう。

また、会社設立の際には専門家に相談しながら進めるととてもスムーズになります。
最近では会社設立代行業者も増えていますので、そういったところに依頼するのもひとつの選択肢でしょう。