株式会社を立ち上げる

これから起業したいという人はまず会社形態を決めるところからスタートしますが、よっぽどのことがない限りまず選択肢に入るのは株式会社ではないでしょうか?
株式会社には知名度の高さによる信頼性というメリットもありますし、株式を発行できるのでそれを買って貰えれば会社の資金にすることもできます。

信頼性と資金調達に関することは起業するうえで大きなポイントになりますので、その点でアドバンテージがあるのはとても大きなメリットと言えるでしょう。
それでは株式会社を立ち上げるにはどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?

まず最初にやることは会社の基本事項となる会社名や会社の所在地、事業内容を決めることです。
会社名の決め方は基本的に自由で自分の名前を使っても構いませんし、好きな言葉や会社のスローガンになる言葉などいろいろな選択肢があります。
ただし商号を名前の前後に必ずつけなければならないこと、使用可能な名前かどうか商号調査で確認することを忘れないでください。
会社の所在地は働く環境やアクセスのことも考えて決め、事業内容は発起人で集まりどんな商品をどのように売っていくのか決めます。
事業内容に関しては外部からのアドバイスもプラスになりますので参考にしてください。

そして資本金や会社の機関設計も決めたらそれらをまとめる定款という書類を作成します。
定款の作成を紙で行う場合は印紙代40,000円かかりますが、電子定款にすると無料なのでおすすめです。
ただし電子定款は専用のソフトを使用するので、専門家に依頼したほうがいいでしょう。

定款の作成が終わったら認証手続きをしますが、この際に発起人全員の印鑑証明書や認証手数料50,000円などが必要になります。
定款の認証が終わったら資本金の払い込みを行い、登記手続きに移ります。
登記申請は法務局で行いますが、その際に登記申請書や登録免許税150,000円などが必要になりますので準備しておきましょう。