株式会社の注意点

会社設立と言えば一般的に株式会社を選択する人がほとんどだと思いますが、株式会社を設立するうえでの注意点はどんなところなのでしょうか?
これから株式会社を設立したいと考えている人は注意点をよく確認し、その点を踏まえたうえで動き出してください。

まずひとつめの注意点としてあげられるのが会社設立費用で、株式会社は現在ある4つの会社形態の中でももっとも会社設立費用が高い会社形態となっています。
定款を紙で作る場合は印紙代40,000円かかりますし、株式会社は定款の認証が必要になりますので認証手数料が50,000円かかります。
定款の認証は株式会社以外の会社形態では必要ありませんので、この点で大きなコストがかかります。

加えて登記申請時に必要になる登録免許税が150,000円かかりますので、手数料などを含めてもトータルで200,000円〜240,000円くらいはかかる計算になります。
合同会社だと定款の認証が必要ありませんし、登録免許税も60,000円なのでトータルでも60,000円〜100,000円程度ですから、2倍以上かかる計算になります。

次に税金面での注意点もあって、株式会社は法人住民税が最低70,000円毎年かかりますので、赤字だったときにここが負担になってしまう可能性があります。
個人事業主の場合は法人税ではなく所得税なので、利益が出なければ税金が発生することはありませんが、法人になると何もしなくても税金が発生するのでその点のリスクを把握しておかなければなりません。
ただし法人税は常に一定なので利益が出たときでも同じ金額ですから、デメリットである反面メリットにもなります。

そして会社設立時にもっとも注意しなければならないのが株式についてで、株式は所有者の割合によって経営に関する発言権が変わってきますから、たとえば発起人の一人が誰かに株式を売却してしまった場合、その人物が経営に参加する権利を与えられることになってしまいます。