困ったときは税理士に相談しよう!

会社設立01

将来自分の会社を設立して事業で成功したいという野望を持っている人も多いと思いますが、実際に会社設立した人の中には成功した人もいれば思うような成果が得られず倒産に追い込まれた人もいます。
これはいろいろな原因が考えられますし、途中までとてもうまくいっていたにも関わらずいつの間にか悪い方向へ行っていた…というケースもあるので、一概にこの方法がいけない、逆にこの方法なら成功するという法則みたいなものはありません。

しかし会社設立するうえで役立ってくれる専門家の存在はとても重要なポイントになりますし、何かあってから対応するよりも何かある前に対応する方が確実にマイナスになることは少ないので、どんな専門家が力になってくれるのか知っておいて損はありません。
そこで今回は会社を運営するうえで密接な関係がある税金に詳しい税理士についてお話していきたいと思います。

まず会社設立をする際にはおそらくほとんどの人が株式会社設立を目的に動き出すと思いますので、それを前提に話をしていきたいと思います。
株式会社設立でまず最初に税金がかかってくる部分と言えば登記の段階で発生する登録免許税で、これは会社設立手続きをするうえで絶対に納めなければならない税金です。

登録免許税は株式会社の場合150,000円かかりますし、それ以外にも定款の作成を紙で行う場合は40,000円(電子定款なら0円)、定款の認証に50,000円、その他各種手数料を含めてだいたい200.000円~240,000円のコストがかかります。
そして会社設立後になると法人として認められたことになりますから、法人税がかかりますし、仕入れなどを行う際の消費税などいろいろなところに税金がかかるようになります。

こういった税金に関する相談を気軽にできるのが税理士で、会社設立後には基本的に顧問契約を済ませておくといいでしょう。
税理士と顧問契約しておくことによって、相談したいときに相談できますし、確定申告や年末調整といった面倒なことも任せられるので、運営側としてもメリットは多いのです。

税理士を探すときにはまず情報収集をしなければなりませんが、最近ではインターネットを利用して多くの情報を集められますし、無料相談をしている税理士もたくさんいますので探してみてください。
そして必ず企業での税務を経験している人と顧問契約を交わすようにすること、一度は会って話してから決めることを頭に入れておきましょう。