株式会社を設立するには

会社法が新しくなってから、一部の業種を除いて資本金の設定が廃止されましたので、事実上1円の資本金でも株式会社を設立できるようになりました。
旧会社法では株式会社を設立するために最低でも1,000万円の資本金が必要でしたから、これまでもよりも自由に会社設立できるようになったため、事業をはじめる人が増えているそうです。
それでは株式会社を設立するにはどのような流れで進めていけばいいのでしょうか?
“株式会社を設立するには” の続きを読む

退職金のメリット

株式会社を設立するにあたっていろいろな決まり事を決めていくと思いますが、その中には退職金に関することも含まれているでしょう。
退職金を出すか出さないかは会社の経営状況にもよりますし、必ず出さなければならないものではありませんから、役員で協議して決めて構いません。
退職金と聞くとかなり大きな額になりますので、会社にとって負担になるというデメリットが思い浮かびますが、実はメリットもきちんとあります。
そこで今回は退職金制度を設けるメリットについてお話していきます。
“退職金のメリット” の続きを読む

家族を利用したメリット

株式会社を設立すると様々なメリットがありますが、その中には家族を利用することで得られるものもあります。
その代表的なメリットが家族への給与支給で、これは個人事業主の場合はできませんが会社設立することによって可能になります。
個人事業主の場合でも青色事業専従者給与に限り家族への給与支給は可能ですが、その他のメリットを考えても株式会社にしてしまったほうがお得です。
“家族を利用したメリット” の続きを読む

設立時の注意点

近年、会社設立をしたいと考えている若い人が増えているそうですが、会社設立するとなるとほとんどの人が株式会社を選択すると思います。
株式会社にはいろいろなメリットがあって、たとえば知名度の高さによる信頼性や株式を発行できることによる資金調達の幅広さなどがよくあげられます。
“設立時の注意点” の続きを読む

株式会社は自分でできる?

これから株式会社を立ち上げたいと思っている人も多いと思いますが、株式会社は自分で設立するのと専門家に依頼するのとではどちらがメリットが多いのでしょうか?
株式会社は今ある会社形態の中でももっともスタンダードですが、もっともお金がかかりますのでできるだけコストカットしたいと考えている人も多いでしょうから、この点はとても気になるはずです。
“株式会社は自分でできる?” の続きを読む

株式会社を立ち上げる

これから起業したいという人はまず会社形態を決めるところからスタートしますが、よっぽどのことがない限りまず選択肢に入るのは株式会社ではないでしょうか?
株式会社には知名度の高さによる信頼性というメリットもありますし、株式を発行できるのでそれを買って貰えれば会社の資金にすることもできます。
“株式会社を立ち上げる” の続きを読む

株式会社は税金に関するメリットがある。

これから会社設立を考えている人の多くは株式会社を設立すると思いますが、株式会社には税金面でのメリットがあります。
まずあげられるのが法人税に関するメリットで、個人事業主のときに納めていた税金は個人の利益なので所得税になりますが、法人化することによってそこが法人税になります。
“株式会社は税金に関するメリットがある。” の続きを読む

株式会社のメリットとデメリット

会社設立する場合、まず会社形態をどうするか決めると思いますが、一般的に考えて株式会社を選択する人がほとんどではないでしょうか?
株式会社は日本でもっともスタンダードな会社形態ですし、会社設立と言えば株式会社をイメージする人も多いです。
しかし安易に株式会社を選択するのではなく、決める前に必ずメリットとデメリットの両方に目を向けておかなければなりません。
そこでここでは株式会社のメリットとデメリットをお伝えしていきたいと思います。
“株式会社のメリットとデメリット” の続きを読む